大阪創業融資手引

大阪で創業融資をご検討の方

大阪で創業融資をご検討の方は

大阪創業融資手引
創業融資のノウハウ

ベンチャー起業はメジャーではない!意外な起業の方法とは?

twitter facebook googleplus line
塩谷宣弘
この記事の監修者
Actvision税理士事務所
塩谷 宣弘 ( しおたに のぶひろ )
1981年11月生まれ、大阪府豊能郡在住。大学卒業後、「KPMG税理士法人」に勤務し、その後父親の事務所である「税理士法人SHIOTANI KAIKEI」の代表社員として所属。2014年8月に「Actvision税理士事務所」として開業。

「起業したいけど、実際どんな方法で起業できるんだろうか」と疑問に感じていませんか?
ひとくちに「起業」といってもいくつかの方法があります。
起業というと、ベンチャーやスタートアップの起業が思いつきやすいですが、それだけが起業ではありません。

起業は、その種類それぞれでやることが異なるので、起業したいと考える人は自分のやりたいこと・やれることに合致して方法は何かを知る必要があります。
そこで、ここでは2つの主な起業方法の特徴をご説明します。

目 次 arrow

方法1:ベンチャー・スタートアップ起業

画像

ベンチャーやスタートアップの特徴は、世の中に大きなインパクトを与える一方で、リスクが高い商売だと言えます。
ベンチャー・スタートアップが目指すビジネスは、一般的に産業内やお客様のもとでイノベーションが起こります。
そのため、世の中が受けるインパクトは大きくなる一方で、うまくいっている会社というのは極めて少数です。

なぜなら、ビジネスモデルやアイデアの魅力不足で投資家からの資金投資を得られないことが多いからです。ベンチャーやスタートアップのビジネスは、事業を始めた当初には赤字が続くことが多くあります。

また、大きな資金が必要になることもあります。
そのため、一般的にエクイティー、つまり株式によって資金調達することがほとんどです。
しかし、多くの起業家は投資家を魅了するビジネスを打ち立てられていません。

方法2:スモールビジネス

画像

ベンチャー・スタートアップ起業が少ない一方で、起業する人の圧倒的多数はスモールビジネスから始めます。スモールビジネスというのは、自分が貯めてきた自己資本や銀行などから受けた融資を基にビジネスを始める方法です。

なるべく早いタイミングで売り上げを立てて黒字化させるのがスモールビジネスです。少ないながらも売り上げのある、既に市場の出来上がった業種がほとんどです。
経営がうまくいっていれば、毎月きっちり利益を出すことができ、資金が溜まれば事業展開していけます。

一方で、競合が多いことがしばしばであるため、他社との差別化を図らないと経営が立ち行かなくなってしまいます。
ベンチャーほど挑戦的な起業方法ではないものの、依然経営力は試されるでしょう。

まとめ

大きなリスクをとって大きな影響を勝ち取るベンチャー・スタートアップ、小規模ながらも確実に成長しようとするスモールビジネス。これら2つの方法のうち、あなた自身やあなたのやりたいことがどちらに向いているのか、ぜひ一度お考えください。関西で起業を考えている方は、「大阪 創業融資サポートオフィス」がお力になりますよ!

創業融資に特化した専門家があなたをサポートします!

〜 創業融資調達率が95%で豊富な実績あり 〜

当事務所は、開業から現在まで多くの融資手続きに携わってきました。
どこの税理士事務所よりも取引が多いことが強みです。

実績 今すぐ無料で相談
facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワードこの記事に関連するキーワード
いくらまでお金借りられる? 創業融資に役立つ情報特集
創業融資相談ナビ
創業融資調達の実績が多数!
調達総額6.7億円

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポート!

当事務所は、開業から現在まで多くの融資手続きに携わってきました。
どこの税理士事務所よりも取引が多いことが強みです。

[ 受付時間 ] 10時〜20時 (土日祝対応)

中小企業庁が認める認定支援機関の
専門家があなたをサポートします!

融資実績700件以上
独立をするための資金が必要だ・低金利で融資を受けたい・多額の資金の借り入れをしたい
と言う方は、まずは、無料相談ダイヤルへ お気軽にご相談ください。
今すぐ無料で相談する
今すぐ無料診断
PAGE TOP